Terada Motors Facebook Terada Motors instagram Terada Motors Youtube

ハーレーダビッドソン契約正規販売店/ビューエル契約正規販売店 寺田モータース
ハーレーダビッドソン スポーツスター中古車


ハーレーダビッドソン スポーツスターとは

スポーツスターの中古車 年式による違い

スポーツスターは1957年にK-MODELの後継者として登場して以来現在に至るまで変更が加えられながら生産が続けられている車両です。 以下簡単ではございますが年式ごとの違いを記載させていただきます。中古車選びの参考にしていただければ幸いです。

1952年Kモデル販売開始
1957年OHVエンジンを搭載したXLモデル登場
1959年高圧縮比モデルXLCH販売開始
1966年キャブレターがLinkertからTillotsonに変更
1967年XLHモデル、エレクトリックスターターを装着
1970年全XLモデル、エレクトリックスターターを装着
1971年ディストリビューターがギアケース内へ移動
1971年湿式クラッチの導入
1972年1,000ccモデル登場
1972年キャブレターがTillotosonからBendixへ
1973年フレーム形状の変更
1973年フロントディスクブレーキの導入
1973年フロントフォーク径が35mmに
1975年右ブレーキ、左シフトへ変更
1976年アメリカ生誕200周年記念モデル登場
1977年カフェレーサーXLCR登場
1977年ツーリング仕様のXLT登場
1979年フレーム、スイングアームの強化
1986年エボリューションエンジン登場
1988年1,100ccモデルが1,200ccへ
1991年トランスミッションが4速から5速に
1998年ツインプラグモデルXL1200S登場
2000年ブレーキキャリパーがシングルから4ポットへ変更
2004年エンジンのラバーマウント化
2007年フューエルインジェクションの採用

ハーレーダビッドソン スポーツスター中古車

寺田モータース(ハーレーダビッドソンプラザ伊丹)で販売中の車両、およびこれまでに販売してきたハーレーダビッドソン スポーツスターの中古車です。 中古車についてご不明な点等ございましたらこちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。

PCサイトスマートフォンサイト
閉じる