ハーレーダビッドソン契約正規販売店/ビューエル契約正規販売店 寺田モータース
Roadsterロードスターのご紹介

0664188801
2016 harley davidson Roadster
2016年モデル XL1200CX Roadster
全長2,185mm
ホイールベース1,505mm
シート高785mm
車両重量249kg
エンジン型式Air-cooled Evolution
排気量1,201cc
最大トルク101Nm/4,250rpm
フォーティーエイトやアイアンなどが牽引してきた近年のスポーツスター人気ですがそのラインナップに何か物足りなさを感じていた方は少なくないと思います。
XL883Rが消え、純粋に走ることを楽しめるスポーツスターはどこに行ってしまったのかとお考えの方に向けて新たな車両が登場しました。
XL1200CX Roadsterです。

43mm倒立フロントフォーク

XRスポーツスターへの導入例はありましたがここに来てXLスポーツスターにも倒立フォークが取り付けられました

2016年ハーレー ロードスター倒立フォーク
車両の前方をまずご覧ください。
そこには剛性という点で優位な43mm倒立フォークが装着されております。この新たなフォークをフレームに装着するにあたりトレールを含めたフロント部分の設計が見直されております。その結果、くせの無いハンドリング、不安を感じさせないライディングが実現しました。
スタイル

低く設置されたハンドルバーが生み出す攻撃的な姿勢、あらたなデザインのスピードメーター

Roadster スピードメーター
低めのハンドルバーを握るとスピードメーターが視界に飛び込んできます。
Roadsterに採用されたこの新たなメーターはアナログルックな回転計を備えたデジタルスピードメーターです。
腰を落ち着けるシート付近はどうでしょう。シート自体の厚みは抑えられていますがシート高は785mmと他のスポーツスターモデルと比較すると少し高めです。
シート後部へと目を移すと大胆に切り取られたリアフェンダーに気づきます。
フェンダーを短く切り取ることでリアタイヤの存在感が一層際立ちます。
ホイールはフロントが19インチ、リアは18インチです。
車両全体はブラックアウトされ、デニム仕上げのタイマーカバー、エアクリーナーボックスがアクセントとなっております。
走行性能

その走りを試したくなる車両、Roadster

ハーレー ロードスター 乗り心地
フロントだけでなくリアのサスペンションにもこだわりがあります。「プレミアムライド・エマルジョンショック」と呼ばれるこのサスペンションがこれまでにない路面追従性、衝撃吸収性をお約束します。
また車体コントロールに重要な働きをするのがブレーキですがフロントブレーキはダブルディスクブレーキが採用され十分な制動力を確保しております。
Roadsterについてさらに知る

車両についてのさらなる情報をご用意してお待ちしております。
寺田モータースに是非お立ち寄りください。

2016年モデルのロードスターについて是非寺田モータースまでお問い合わせください。
車両に関する詳細、ご購入に関してご説明させていただきます。

ハーレーダビッドソン Roadster フロントフォーク
ハーレーダビッドソン Roadster リアサスペンション
ハーレーダビッドソン Roadster エボリューションエンジン
ハーレーダビッドソン Roadster
ハーレーダビッドソン ロードスター スピードメーター
ハーレーダビッドソン ロードスター 車体
ハーレーダビッドソン ロードスター 車体
ハーレーダビッドソン ロードスター フロント
ハーレーダビッドソン ロードスター 車体後部
ハーレーダビッドソン ロードスター エンジン
ハーレーダビッドソン ロードスター エンジン
ハーレーダビッドソン ロードスター スプロケット
ハーレーダビッドソン ロードスター フロントブレーキ
ハーレーダビッドソン ロードスター テールライト
ハーレーダビッドソン ロードスター
2016年モデル Roadster 車両本体価格:154万円(税込)から